旧高取邸/国指定重要文化財

旧高取邸は、杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好(1850-1927)の邸宅です。唐津城本丸の西南の海岸沿い、約2300坪といわれる広大な敷地に、大きく2棟の建物が建っています。平成10年12月に国の重要文化財の指定を受けた文化的価値を有する建物であり、和風を基調としながら洋間を持つなど同時代の邸宅の特徴を備える一方、大広間に能舞台を設けるなど独特のつくりになっています。
開館時間/9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休館日/月曜日(月曜日が祝祭日の場合は開館、翌日休館)
入館料/大人 510円、4〜15歳 250円(入館者は1時間駐車料金無料)


 旧大島邸

旧大島邸は、旧唐津銀行の発注者であった唐津銀行
頭取の大島小太郎(1859-1947)の邸宅である。明治12年、13年頃建立と伝わる。もともと大島家は小笠原藩の藩士の家柄であり、武士住宅の面影を残す佐賀県有数の良質の大邸宅である。木造平屋の建物には、長谷川雪塘の襖絵や茶室、広間等が配置されており、木立の生い茂る庭園もある。唐津の市民運動により、城内地区への移築保存することが決定している。


 唐津市歴史民族資料館(旧三菱合資会社唐津支店本館)/佐賀県指定重要文化財

この建物は、唐津炭田に進出した三菱合資会社の長崎支店唐津出張所として明治41年(1908)に建てられた洋風建築物です。この建物の設計は、三菱丸の内建築事務所が行い、当時三菱の建築顧問は、唐津市出身で辰野金吾と同じく明治建築界の草分け的存在であった曽禰達蔵であったといわれています。昭和54年より唐津市歴史民俗資料館として利用されていましたが、現在は閉館しています(建物外観はご覧になれます)。



問い合わせ 旧唐津銀行   TEL/FAX:0955-70-1717
        唐津市観光課 TEL:0955-72-9127 FAX:0955-72-9182 E-mail:kankou@city.karatsu.lg.jp
Copyright (C) 2011 旧唐津銀行 All Rights Reserved.